top of page

英語:英語の文型

こんにちは!

Marksの近藤です😌


本日は、英語の文型についての解説です!

文型とは、第1~5文型まであり、英語の分を作る時の基本的な型となります。


どこの塾でも一番最初に文型を教えますが、なぜでしょうか?


英語の長文は、文型がわからないと正確に訳すことが出来ないからです。

英文の訳し方には、直訳・意訳がありますが、正確に訳すは直訳のことを指します。

ゆえに、直訳が出来ない人は文型を正確に理解していないと言えます。

しかし、文型だけやったからと言って理解できるものでもありません…(後は文法と単語が必要!!)

ただ、文型を把握することが長文の基礎になっているのは断言出来ます。


「私は出来ている!」と思った方に質問します。




「He is a man.」この文章、どう訳しますか??







彼は男性である。と訳しますよね…

その時の「は」はどこから出ていますでしょうか?(答えは最後に!)


繰り返しになりますが、文型をとことんやっても単語が不明だと訳せない為、単語はしっかりやってください。ただ、単語を覚えたからと言って文章は読めるようになりません…⚡️


下記画像を見てください♪




直訳においてはある程度の訳し方さえ間違っていなければ、自然に訳が出てきます。

その為、この"文型の時はこう訳す"と理解しておけば間違いはなくなります。


さて、先ほど質問した「は」は英文の訳から出てきません...文型の形から出てくるのです。

第1文型は、SはVする。と覚えたのを思い出してください(moon laugh)

この"は"が、訳に出てきています!

isの訳が"は"ではありませんので、注意してくださいね(moon furious)


今回は公式LINEを通じた分野別の簡単な解説をしました。

皆様にMarksの学習を知ってもらい、我々の塾に来ていただくきっかけになっていただければと思いますので、勉強がわからないや、勉強計画を立てたいなど質問がある人は、下のメニュー欄にある無料体験フォームより申し込みをしてみてください🙌

また、公式LINEを通じた解説だけでは、教えるのに限界がありますので、もっと詳しく教えてほしいなどという方も是非無料体験フォームより勉強レンタルスペースの申し込みをお願いします

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

立教大学の紹介!

皆さん、こんにちは👋 Marks近藤です✌ 「ここ最近、配信多くない...?」と思った皆様! ごめんなさい...🙏 ただ、少しでも皆さまに役に立つ内容をお届けしたいという思いが... だって、皆さん今日までブロックせずにいてくれてるんですもの... 後、こういう情報って調べよう!と思えないし、思わないはずなのです... なので、皆さんの代わりになれたら。。。と思って毎日配信しております! さて

תגובות


bottom of page